忍者ブログ

ぷよます!!

愛のぷよリスト鬼龍(キリュー)が紡ぐ戦いの記録・・・それがぷよます(ぷよクエとかデレステとかスクフェスのゲーム感想を書くブログです)

アナ雪は本当に名作なのか?



今日の金曜ロードショーで放送された
『アナと雪の女王』。


世界的にも大ヒットした映画ですが、
こちらのサイトによると


ーーーーーーーーーーーーーー

半年以上の異例の
ロングランヒットともなった『アナ雪』は、
主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」が、
街でもお茶の間でもヘビーローテーションされるなど、
子どもだけでなく大人も夢中に。

社会現象も巻き起こし一大ブームとなったが、
やはりその最大の要因は主人公のひとり・エルサが
新しいプリンセス像を提示したことにあるだろう。


ディズニー映画といえば、それまで
“受け身のプリンセス”“恋愛至上主義”が顕著だったが、
『アナ雪』はそうした既存のヒロイン像を一新、
王子さまとの恋愛の成就をハッピーエンドとせず
男性から自立した存在として描いた。


この新しいプリンセス像に、
多くの論客たちも沸き立った。

批評家の東浩紀氏や実業家の夏野剛氏、
脳科学者・茂木健一郎氏、評論家・中森明夫氏、
荻上チキ氏といった面々が
さまざまな『アナ雪』解釈を行い、
数多くの『アナ雪』論が発表された。

https://lite-ra.com/2019/11/post-5092.html

ーーーーーーーーーーーーーー

だったそうです。




マジで?
と思いました。

個人的には
語るまでもない映画なのですが(汗)






アナ雪に対する意見は
こちらのレビュアーさんのそれとほぼ同じ
なのですが、ここではプラスアルファで

そんなに斬新な女性像か?
という点について言及しようと思います。







①本当に斬新だったのか?

自立した女性というテーマなら
リトルマーメイドのアリエルで
すでに描かれていると思うんですよね。


海王トリトンの末娘アリエルは
地上の世界にあこがれる少女ですが、

この作品では
人間は魚の敵として描かれていて、
人間界について知ろうとすることは
タブーとして扱われているのですね。


ですから、洞窟の中に
捨てられたパイプやフォークを集めて
ちょっとしたコレクションを作っている
アリエルの行為というのは
「実にけしからんこと」に該当するわけです。




娯楽作品では、しばしば父親というのは
社会の象徴として表現されることがあって、

例えば、ドラゴンボールでは
バーダックは悟空の父親であると同時に

サイヤ人という民族、
破壊や侵略によって成り立っている
社会に生きる人間の代表でもあるわけです。


リトルマーメイドやアラジンでは、
古い掟に縛られる社会というのが確固として
存在していて、その常識から外れたものとして
ヒロインが位置づけられているのですけど、

そういう意味からみれば
アリエルやジャスミンって普通に
自分の意志を持っている女性なんですよ。


そういう掟VS自由というのが
トリトンとアリエルとか
スルタン王とジャスミンとか
父娘のけんかを通して表現されています。




そういう映画を見た上で
フェミっぽい何かの視点から
肯定的に評価するアナ雪論を読むと


男性から自立するためには
恋をしちゃいけないの?

という疑問がわくんですよね。


過去のディズニー作品を見ても
恋愛をして、なおかつ、自立した女性って
結構いますよ・・・?(汗)





②メガラがガン無視されている


私の知る限り
最も人間らしい
ディズニーヒロインは

映画『ヘラクレス』に登場した
メグ(メガラ)
っていうキャラは
確実にそれに当てはまると思います。


この人、恋人を死の淵から救うために
冥界の神ハデスに魂を売ったんですけど、

生き返った彼氏が
よそで女つくって逃げちゃうんですよね。


残ったメグはハデスに自由を奪われて
命じられるままに悪事に加担していきます。

深く傷ついたまま、
もう誰も愛さないと心に決めて。





ディズニーって
初恋が成就するのが鉄則なんだけど
メグだけは異例なんですよ。

そういう意味ではね。


劇中でもセクシーな衣装やしぐさで
男性を翻弄する悪女的な立ち位置で
描かれていて、実際、この映画の人物たちには
メグは悪女として見られているんだけど、

ヘラクレスだけはメグを信じるんですよ。


怪力をコントロールできないために
村の人間から厄介者扱いされて
孤独を感じていた彼は、

自分はここにいるべきではない、
きっとどこかに受け入れている場所が
あるはずだと、神界オリュンポスに登るために
ヒーローになろうとするんですけど、

メグといると自分が一人ではない
ような気持ちになるんですよね。


メグ自身も純粋な心を持つヘラクレスに
次第に惹かれていくようになります。





I won't say I'm in loveっていう
持ち歌があるんだけど、

過去の出来事から
自分の恋心を認めようとしない
というか

本当は好きなんだけど
好きと言えないメグの良い意味で
ひねくれた性格を表したもので


今でもヘラクレスといえば
この歌とGo the Distanceを思い浮かべますね。


人間ってそう簡単に自分を理解できないものだし
理解できても簡単に表現できるものではない
と思うんですけど、

そういう点から考えると
このキャラは本当にリアルな人間で

好きなディズニーヒロインと言われれば
この娘とジェーン(『ターザン』のヒロイン)
を筆頭に上げたくなりますね。私は。




そんなメグですが、
終盤では自由を得るために
ヘラクレスをだましちゃうんです。



狂言と知らずにメグを助けるために
ヘラクレスは怪力を失って
死にかけるんですけど、

結局、メグはハデスを裏切って
ヘラクレスをかばって死ぬんですね。


悲しむヘラクレスに
メグはこう語りかけます。


「人間て馬鹿なことをするのよ。
 恋をすると」


その後、死んだメグを探して
冥界に降りたヘラクレスは

かつてメグがしたことと同じ契約を
ハデスと交わして死の滝に飛び込みます。






ずっと神族になりたくて
そのために自分の力を使っていた
ヘラクレスがここで初めてメグのために
命をかけるんですねー。


その後の展開は
ネタバレになるから割愛するけど

はっきり言って、
こんなに激しいヒロインって
後にも先にもメグだけですよ。


だから、私はアナ雪が嫌いなんじゃなくて
アナ雪を上げるために過去に登場した
魅力的なキャラクターを無視するやり方が
気に入らないんだろうなと思います。

もっと見てくださいよと。そんな感じです。





ちなみに
公式のディズニープリンセスに
メグはカウントされていません。


王女じゃないベル(美女と野獣)は
メンバーに入っているんだけどね。


基準がよくわからないんだけど、
とにかく話題にすらあがらない。


いわゆる黒歴史って奴です。
ウケるーwww









・・・・・・・・・・・・・・











結論としては、
どうせディズニー映画を利用して
フェミっぽい何かを気取るなら

世間にあまり知られていない
名キャラクターについて語って欲しかったな
と思う次第っすね。


リトルマーメイド以降の映画を
ざっと見るだけで書けるでしょう。

それくらいは。


流行りに乗っかって
それっぽい記事を書かれるのは
ちょっと頂けないなと思いますよ。うん。






・・・ここまで書いていて
相当、時間を使ってしまいました。

信じられない。
30分ぐらいで終わらせるはずだったのに。


ぷよクエの話は明日になりそうですね。

その前にシャニマスの記事を書く気もするけど、
まー何とか一本書きたいところです。


こういう決意表明をすると
大体、私は宣言通りに動かないんだよなぁ

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

宇崎ちゃんポスター問題



先に言っておくと、

あるイラストを差別的とか
差別的じゃないと評価を下すのは
結構、難しいと思います。














気ちがひといふおどろしき言葉もて
人は智恵子をよばむとすなり


これは昭和初期に活躍した詩人、
高村光太郎が詠んだ歌で

精神分裂症を患った奥さんに対する
世間の冷たい反応を責めたもの
なんですけど





このポスターを
差別的だと騒ぐ人たちって

「きちがい」というワードが
 使われていることを理由に
 光太郎の詩も攻撃しそうだな

って思うんですよね。




重要なのは
その表現が何のために使われているのか
であって、表現そのものを良い・悪いで
判断して排除したって、

彼らが求めているはずの
差別撤廃は出来ないし、場合によっては
差別を訴える作品を殺しちゃうでしょ?

ということを言いたいんですよね。





なので、これから書くことは
あくまでこういう表現がされているよ
という指摘に過ぎなくて、

それをもって、
ただちに作品や作者を貶めることは
出来ないし、そのつもりもない
ということは断っておきます。

尾田先生や鳥山先生を
ディスってるんじゃないってことですね。




さて。

漫画において
男女はどのように描かれているのか
というのを考える上で、

一番わかりやすいのは
ブルマと悟飯を対比すること
じゃないかなと私は思います。















とある魔術の禁書目録
というラノベの読者が女にも
拳で殴り掛かる主人公を茶化して

男女平等パンチ

と表現していたんですけど、
これって

「女は殴っちゃいけない」
という価値観を前提にして
名付けられた言葉なんですね。










ここでさらに視点を拡大してみると

大抵のバトル漫画では
女性は戦いの場から外されている
んですね。


ブルマとか凄くわかりやすいです。

フリーザ編の時は
基本、洞窟に隠れているだけでした。


そういう意味では、
ドラゴンボールは完全な男社会で
出来上がっていて、女性は蚊帳の外
なんですけど、その一方で、終始、
安全な場所にいても許されるんですよ。





悟飯なんて子供でも容赦なしに
首の骨を折られるのにね。


チャオズごとき弱者でも
サイヤ人編では戦場に出てきて
自爆して死んでしまいます。



ヤムチャも戦力にならないのに
ノコノコ出てきて、その結果、

人造人間に体を貫かれたり
セルジュニアに腕を折られたり
散々な目にあっているわけですよ。




確かにドラゴンボールでは大事なことを
全部、男性が決めているのだけど、

その一方で、当の男性もそれなりのリスクを
背負っていて、実際、敵キャラも含めて
ほとんどの男は殺されているんですね。


ヤムチャとか、セル編の時は
「俺は戦わねーぞ!見物だけだからな!
なんて言ってますけど、マジで
逃げたかったんだと思いますよ(汗)


でも、漫画の構造上、
ヤツは男なので戦わなくてはいけないし、
映画版ベジータが典型的だけど、
戦わない男はクズ認定されるわけです。

つーか、サイヤ人自体が
戦えない男はゴミ以下の扱いを
受ける社会で生きていますからね。


女性差別の裏側では、
男性差別が行われていて、

ひと続きになっているわけです。




悟空がダメ親父に認定される理由として
「働いていないから」というのが
よく挙げられるのですが、


これって男は家庭を養うために働くべし
という価値観があるから叩かれるんですね。


それは女性は家の中で子供を育てるべし
という考えとセットになっていて、

だからこそ、
奥さんのチチは働いていなくても
さほど叩かれないわけです。




現実でも、過労死で一番やられるのは
40代の男性だという調査結果が出ています。


退職や転職がしづらい環境にいる人たちが
家族のために無理をして死んでしまう。


一方で、イクメンという言葉が
少し流行りましたが、これは主夫ではなく、
育児と仕事が両立できる男性を指すんですよね。


働かない男性というのを
徹底的に認めようとしない世間の厳しさを
ひしひしと感じて、いたたまれないです。


女性は、社会進出が遅々として進まない一方で、
良妻賢母であることを条件に労働を免除されている。

これに対して男性は、どこまで行っても
「働かないのは男失格」という
イメージに縛られて生きているんですね。





宇崎ちゃんのイラストが
問題視される一方で、フランキーの
海パン一丁の格好が叩かれないのは なぜか?

実際、こういう股間の輪郭が
浮き出てくるようなパンツは
大抵の男の人は嫌だろうに、
それでも自称フェミニストが
問題視しないのはなぜか?


その一つの理由として
男はタフだから多少、乱暴に扱っても
問題ないという通念があげられるはずです。




別に自称フェミニストが
男性差別をしているから
何も言わないんだということではなく。

男とか女とか関係なく、
誰もが当たり前のように持っている
価値観が冷静に考えればおかしいことを
スルーさせているんですね。


力仕事は若い男に押し付けるとか、
男の性的経験がないことをからかうとかは
男性同士で行っていることでもあります。



あくまで私の身の回りの話ですが、
童貞をネタにしたがるのは、
女性より男性のほうが多いと思います。






 

また、性的経験に関して付け加えれば、
童貞を馬鹿にする声がでかい一方で、
処女は重宝されるんですよね。


よく知らないけど、
宇崎ちゃんも処女だと思うんですよ。

元カレが5人も6人もいるとは
思わないです。


何が言いたいかというと、

女性はあくまで
1人の男を愛すべし

という考えの裏には、

股間のエクスカリバーを
解放せずして何が男か
という圧迫があるんですね。


こういう苦しさというのは
男性が女性に、あるいは女性が男性に
押し付けられるものではありません。



処女信仰を例にすれば、
恋人が多数いる女性や
男をとっかえひっかえする女性を
はしたないと思うのは女だって同じ
ってことです。



ある社会で概ね了解されている
男らしさ(男性観)や女らしさ(女性観)
が、その人物の行動に大きく影響していて、

そこでは男VS女という
わかりやすい図では決して説明できない
複雑な関係が横たわっているんですね。





ドラゴンボールにしたって、
ブルマが少年悟空に股間を触られたり、
亀仙人に要求されてスカートを
たくし上げる一方で、

ヤムチャが股間を頭突きされて
悶えている光景が笑いのネタに
されているんですよね。


めちゃくちゃ痛いはずなんだけど、

そういうのを見て
ゲラゲラ笑う風潮が連載当時の
日本にはあったし、もしかすると
今だってあるかもしれないんですね。





私が反対者のツイートを読んで
疑問に感じたのがまさにそこで、

女性が一方的に男性に
いじめられている社会というのを
前提に話していないか?ってことなんですよ。


先行研究を読む限り、
少なくとも20年以上前から
そういう社会観は見直されているはず
なんですけどね。


あと、表現が問題だというのも
大いに疑問で、仮に宇崎ちゃんという
漫画が大変差別的なものだったとして、

ヒロインの胸を描き直すことで
作品そのものの女性観は修正されるのか?
と思うんですよね。



(プロデューサーが神である世界)


胸の大きさとは関係なしに
差別的な漫画は差別的ですよ。


大事なのはどう描かれているか
だと思います。


特にメディアミックスのように
複数の作者が存在するコンテンツでは
一方で差別的な描写があり、その一方で
多様性を主張する描写もあって、

一概にこれはOK、これはNGと
評価しづらい所があるんですよね。


だから差別的描写を容認しろって
ことを言いたいのではなく、

作品の評価には一朝一夕で
判断出来ない難しさがあるのに
非常に短絡的に決断を下していませんか?
ということが言いたいのです。




長々と話しましたけど、
もう少し最近のジェンダー研究の
潮流を学んだうえで騒いでほしかったし、

騒いでいる人の中に
ジェンダー研究をしていると自称している
人もいて、それは大変迷惑に思いました。

フェミニズムって
男性や同性愛者も射程に含んだもの
なので、男性を敵視する道具にされるのは
どうもなーって気分ですね。


もちろん、宇崎ちゃん自体が
性差別を積極的に煽る内容だったら
私も文句を言っただろうけど、

批判者はストーリーや
キャラクターの描き方ではなく、
胸を大きく描いたというだけで
女性の心を踏みにじったとか
傷つけられたとか言っていますからね。

違うだろって・・・思いますねぇ

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

データが消えました・・・



先に言っておくと、ぷよクエではなく、
記事のデータが消えたという話です。

期待した人、ごめんね。





何を書いていたかというと、
宇崎ちゃんポスター問題について
そもそも、漫画やアニメにおける
ジェンダーの描写はどうなってるのか
というのをドラゴンボールやワンピース
を事例に説明していたのですよ。


宇崎ちゃんポスター問題っていうのは
女性の胸を誇張した絵を公共の場で
さらすのは差別だと自称フェミニストが
騒いだっていう事件で、

個人的には
こんな化石みたいな連中
まだ生き残っていたのか
少々、愕然としたんですよね。




一方で日頃は差別上等、弾圧余裕の
愛国者様が、ここぞとばかりに
表現の自由をほざいてましてね。


両者に共通するのは
これは公に出してOK,これはNGという
のを「俺がそう思うから」で決めつけて、
自分たちの意に反する人物を
国賊とか女性差別主義者とか呼んで
話を聞こうとしないところでして、
正直、同類なんですよね。





フェミニズムっていうと
女性のことしか考えないっていう
イメージが持たれていて、


なんだったら
男性が女性を締め付けている
この糞ったれな社会を変えてやるぜー!
という思想だと思われているんだけど

そんなんじゃないです。


ていうか、むしろ男性を敵視するような
考えとは対極の立場なんですぜ
っていうのを書いていたら

突然、ページが謎の更新をして
文章が白紙化したんですよ。

忍者ブログ、こういうのがあるから
許せんぜよ。ガッデームですね。




まぁ、難しい話をしてもしょうもないので

この前の娯楽における性描写の話と絡めて
漫画では男や女をどう表現してきたのか
というサブカルっぽい話を書くつもりです。

今日の夜にアップしますので、
良かったら読んでもらえたら嬉しいです。


ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

Vtuberはなぜ廃れたか(後編2)



これだけを見ると
まあまあ戦えているんだけど








3か月前と比較すると
激減しているんですよね。






Vtuberはなぜ廃れたのか(後編1)


~前回のまとめ~

マリオメーカーのように、
ゲームを売っているのではなく
ゲームを作るソフトを売るタイプの商品は

意地悪に言えば、
ステージを作るというクリエイターにとって
最も重要な作業を素人に丸投げしている
側面がある。


ここではプレイヤーという名の
制作者は無償で働かされているが、
それを作成者が自覚することはない。


企業にとってみれば、
この手のコンテンツを作成する
インフラを提供するサービスは
大変、経済的だ。

(ノーギャラで勝手に作ってくれるので)





ゆえに、
Vtuberを作成するアプリを
ニコ動の親であるドワンゴが
提供するのは大変理にかなった行為で、


これは、動画を作るのではなく、
動画を作らせるように誘導することで
制作費その他のコストを削ってきた
動画投稿サイトの戦略にそったものだと言える。





しかし、コンテンツを作成する能力がない
ということは、言い換えれば
人材を育成する能力がないことであり、

当然ながら、企業は
実力のある配信者を囲むようにして
利益を伸ばすしかなかった。


~~~まとめおわり~~~~~~



大体、こんな感じの内容です。

人を育てる力がない以上、
優秀な人間を拾ってくるしかない
のですが、ここに致命的な欠陥がある
ということをこの記事では述べたい
と思います。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

Vtuberはなぜ廃れたのか(後編1)



Vtuberはなぜ廃れたか(中編2)


前回の記事で私は、
従来のゲームはシナリオやステージを
あらかじめスタッフが用意していて、

ユーザーは完成済みの作品を
攻略していたのだけれど、





近年、流行している
マリオメーカーのような作品では、

スタッフは作品ではなく、ステージを
制作するためのツールを提供していて、
創作するようにユーザーを誘導しているんだ
という話をしました。


ここでは購買者は制作者であり、
プレイヤーでもあり、

ユーザーが作るステージは
理論的には無限に殖えていきます。


これは1-1から8-4までの
全32ステージを順番に攻略していく
マリオブラザーズとは全然違うんですね。


 

でも、これってよく考えてみれば、
ステージを設計するという
クリエイターにとって最も重要な作業を
素人に丸投げしている行為でもあるわけです。


メーカーにしてみれば、
無償でステージを作ってもらった上に
Youtubeやニコニコ動画などで
その作品をプレイしてもらうことで
結果的には宣伝もタダで済むことになります。


こういうユーザーに作業の一部を
肩代わりさせるコンテンツは
大変、経済的なんです。





ですから、
カスタム・キャストのような
Vtuberを作らせるアプリを
ニコニコ動画を提供している
ドワンゴが配信するというのは
大変、理にかなっているんですね。


そもそも、ニコニコ動画自体が
視聴者を配信者にさせて、動画を
ノーギャラで作らせるもので、

実はタダ働きなんだけど、
それを自覚させないようにして
創作活動へと誘導する。


そういうことを
10年以上、やってきたわけです。


(Youtuberのように
 収入を得ている人間はいるが、
 その金は任天堂やドワンゴから
 もらったものではない)





この手のビジネスモデルでは

無限にキャラを
創造することが出来る強みがあり、

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる方式で
一発ホームランをかませばOKよ
というところがあります。


そういう意味では音楽や
アイドル業界と似ているんですけど

決定的な違いとして
人を育てるノウハウがない
という致命的な弱点があります。




Youtuberや実況者って
まだ10年弱しか歴史がない職業で
次世代のプロを育てるプロがいない
んですね。






ライターや音楽業界は、
すでにクリエイターを養成する
学校があって、ある程度のレベルなら

そこそこ生み出せるほどの
人材育成力というのを持っています。


VtuberやYoutuberには
それがないんですね。

まぁ、もしかすると
タレント育成に携わった人物が
将来、深く関与してくるのかも
しれませんけど、基本的には

面白い動画を作れるかどうかは
本人に丸投げしているんです。

マリオメーカーのようにね。



タレントといえば降幡愛さんですよ。
黒澤ルビィ役の。

最初こそ、とてつもない下手糞で、
大人の女性が無理して子供の振りを
しているのがダイレクトに伝わってくる
痛々しい演技をしていたのですが、

半年も経たないうちに
きちんとアニメの美少女の声に
聞こえるまで上達したんですよね。

今では9人の中でも
とても上手い方だと思います。


全然、上手くなっていない人もいるから
本人の努力によるところも大きいとは
感じるけど、それでも素人を育てて
聞けるレベルまで伸ばせるところまで
声優業界が到達しているのは確かですね。





Vtuberの動画を視聴していて
常日頃感じるのが

キズナアイとか猫宮ひなたとか
月ノ美兎などの限られた人間を除いて

声優としてレベルが低い・・・
というか、全然上達しない人が
ほとんどだということなんですよね。


もちろん、
台本を読んでいるわけじゃないから
素で喋ってもいいんだけど、

声の質に特徴がない、
活舌が悪くてよく聞こえない

基本的に叫ぶか泣くか笑うかの
大声を出すリアクションしか出来ない

人がすげー多くないか?
ということなんですね。




全員の演技を
チェックしたわけじゃないから
本当は上手い人のほうが多いのかも
しれませんけどね。


でも、
『バーチャルさんがみている』
が大ゴケしたのは、内容がつまらない
以上に、演技がやばかったからだと
ウチは思えてならないんじゃ・・・

あくまで個人の感想です。





ナレーターの学校だってあるのだから

発声練習ぐらいはさせても良い
と思うのですが、


通常の事務所とは違って、
Vtuberを提供している側は・・・

まぁ、もしかしたらレッスンをさせて
あのレベルなのかもしれないけど、

もともと美兎のように面白くて
聞き取りやすい喋りができる人材を
囲うようにして提供しているだけで、

マリオメーカー的なインフラは
作れるけど、マリオブラザーズのような
コンテンツ(人材)は作れないのでは
と感じるんですよね。傍からみればね。




まぁねー・・・
新自由主義っていうのは
そういうもんだからねぇ。


一言で言えば、他人任せなんですよ。

失敗すれば自己責任で切り捨てられ、
成功すれば、自分たちが作ったイベントや
ライブの客寄せパンダとして利用される。


シビアに表現すれば、
そういう一面があるんですね。


もちろん、Vtuberにしてみれば、
それなりにサポートを受けているし、
活動の場も得られるわけですから、

あくまでWinWinの関係であって、
いちがいに全否定できないんだけど、

『ゲーム部プロジェクト』のように
 劣悪な環境で働かされたらしい
 Vtuberもいるわけで、

 企業はあくまで
 お金儲けのために利用しているだけで
 善意でやっているわけではない

 と辛口に見ていたほうが良いと思いますよ。




そういうコンテンツを
作成する能力が欠けているという
点の他にも弱点はあるわけでして。

その点について次回で触れたいと思います。


~まだつづく~




ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

プロフィール

HN:
鬼龍(キリュー)
性別:
非公開
自己紹介:
愛と勇気と誇りをもって戦う孤高のぷよリスト。好きなものは勝利という名の美酒、嫌いなものはネトウヨです。


ぷよぷよクエストランキング


ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

P R

ブログ内検索