忍者ブログ

ぷよます!!

愛のぷよリスト鬼龍(キリュー)が紡ぐ戦いの記録・・・それがぷよます(ぷよクエとかデレステとかスクフェスのゲーム感想を書くブログです)

2010年代を振り返って(新サクラ大戦レビュー1)



セガの久々の大作『新サクラ大戦』。

具体的な内容に踏み込む前に
2010年代の娯楽作品の潮流について
話をしたいと思います。


つまり、どういうジャンルが
流行ったか振り返るよということですね。

なお、この記事は
予習編であり、サクラ大戦についての
言及はほぼありません。悪しからず。



(元日にこの格好である)


2010年代のアニメーションや映画を
一言で振り返ると

「再生」を
 テーマにした作品が
大変多かった

ということが指摘されます。


さらに細分化すると
「部活再建モノ」と「異世界転生モノ」
ですね。





曽野綾子「東電に責任はない」
「放射線の強い所は、じいさんばあさんを行かせればいい」



2010年代において
大変大きな影響を与えたのが
震災の記憶でした。


私は宮城県出身ということもあり、
まさに自分に直結する事件でして、

震災当時、この国を愛する人たちから

「被災者は政府に甘えるな」
「東電は悪くない」
「震災は天罰である」

といった心温まるメッセージを
多々頂いたことを今でも覚えています。


言論界の巨大な星 深い教養が生んだ正義の人

「渡部さんの一貫した関心は、
 日本の現状に対する憂いでした。
 
 国家の基本問題である外交、
 防衛、教育がなっていない、と。

 そういった国体の問題、
 つまり皇室の問題にも関わる憲法について、
 これを早く改正しなければ、と終始一貫説いていた。

 その点で安倍晋三首相を支持し、
 書斎派の知識人でありながら
 実際の運動にも一生懸命に携わった。
 勇気あるまれな人だった」




眼前で苦しんでいる被災者にむけて

やれ国に甘えるな、
やれこの機に心を入れ替えろ

と宮城の方言で言えばずんけない
(人情がない)言葉を平然と言ってのける。

彼らは一言目には
国を守ると言うのですが、
私たち一般人を守ってはくれないんだな

ということを嫌っちゅーほど実感しましたね。


その後、去年の台風をはじめ、
多くの災害があり、彼らが称える
国士たちはその度に赤坂で宴会をひらいたり
自宅でラグビーを観戦したりして

全力でこの国を守ってきたわけですが、
そりゃーまーねー・・・

反省してないんだから
9年間、まったく進歩しないだろ
って私は思うぜ?


(善子のかわりにやっぱりこいつが当たった)


話を元に戻すと、

あの震災によって一部地域の住民は
文字通りの壊滅や喪失を味わって、
日常をもう一度作り上げていったわけです。


そうした記憶っていうのは
ある程度、抽象化されてアニメにも
反映されていきました。


「ガールズ&パンツァー」と
「ラブライブ」はその代表的作品だと思います。




ガルパン(2012年9月~12月)は
廃校寸前の母校を戦車道で
実績をあげて立て直そうとする話だし

ラブライブ(2013年1月~3月)も
廃校寸前の母校をスクールアイドルで
実績をあげて再建しようとする話でした。

ボロボロになったものを
もう一度、再生させるというのが
根幹にあって、それは復興と並行するように
して語られていったのですね。





新サクラ大戦も
基本はこの流れをくんでいて、

かつては栄華を極めた帝国華激団も
解散寸前で、街の防衛も上海華激団に
まかせっきりという

ほぼゼロの状態の時に
主人公である神山誠十郎が赴任してくる

という復活の物語になっていました。



(わりと余裕があるように見える)


彼自身も海軍のエリートでありながら
ある事件が原因で挫折をしていて、


第1話では彼が自分と向き合い
失った情熱を取り戻す

というのが見どころでした。


その辺は
ガルパンの主人公である
西住みほと通じるものがありますね。




エリートが庶民と邂逅することで
自己を見つめ直す、「私」を再発見する
という物語は近代小説にもよくあります。

ロシア文学なら
ドストエフスキーの『罪と罰』は

青年ラスコーリニコフが
娼婦ソーニャとの出会いを通じて
悔悛の意識が復活する話ですし

その逆に森鴎外の『舞姫』は
ドイツに派遣されたエリート官僚である
豊太郎が踊り子のエリスと出会い、

最終的に「私」を捨てていく話です。


西住みほの復活と大洗学園の再出発。
神山誠十郎の精神的復活と帝国華激団の再誕。


「私」を見つめ直すことと
「社会」を見つめ直すこと
 
そこから再生していくという
流れが同時進行していくんですね。


ガルパンにせよ新サクラ大戦にせよ
少しずつ仲間が増えて装備が改善されて
いくのですが、その視覚的再生は
主人公の心的再生とリンクしているわけです。





まとめると、

ゼロになりかけの所からの
再出発というストーリーが大変ウケた

となりましょうか。


やや変則ですが、
『Fate/Zero』もバッドエンドではあるけど
それはStayNightのグッドエンドへと続く
再生への物語として位置づけられますし、

『響け!ユーフォニアム』も
 情熱を失っていた器楽部が再出発する
 話であって、

そこでは「やりなおす」という言葉が
キーになっていたと思います。




で、まぁ
これだけに注目するとなかなか
2010年代のアニメ面白いじゃんって
話になるのですが、

「再チャレンジ」というのが
「リセット」と同義にされていく傾向も
 同時に展開されたのですよ。



異世界転生とかループと呼ばれる
作品の大量生産がありました。





漫画のなかには
「旅」をテーマにしたものがあります。


ジョジョ3部のように現実世界を移動するものと
サクラ大戦シリーズのシナリオを担当していた
あかほりさとる氏が手掛けていた
魔神英雄伝ワタルやNG騎士ラムネのような
異世界を冒険するもの、

大体2つのタイプがあります。

大長編ドラえもんはその中間ですね。


こういった作品では
紆余曲折を経て最終的に
現実世界に帰っていく話なんですよ。


途中で仲間が死んだり、大きな事件があっても
その死を受け止めるようにして記憶して
未来に向かっていくわけですね。


ドラえもんだと原作の鉄人兵団あたりを
連想するとなんとなくわかると思います。


鏡面世界の死闘の先に
あるキャラクターの犠牲があるのだけれど、
その死は地球の未来へとつながっている。

海底鬼岩城も同タイプのストーリーで、
世界各地に死の爆弾が撃たれる寸前で
水中バギーがなんとかするわけですよ。

バギーは最終的にあーなったけど、
そのおかげで地球は滅びずに済んだと。

悲劇であろうとなかろうと
それまでに歩んだ1つ1つの過去を
積み重ねるようにして現実が続いていく
という世界観がそこには確かにありました。


 


そこにはリセットとかループとか

あったことをなかったことにして
「やり直す」というのは、ごく
限られた場合でしか見られないものでした。


ドラゴンボールで人が生き返るのは
一回だけだし、それも大変むごい死が
これでもかと繰り返された場合に限って
使われたというケースが大半でした。

死ぬ奴は死ぬ。
そういう漫画だったと思います。

セル編でも未来は変わったけど、
トランクスのために犠牲になった
Z戦士たちはかえってこないんですよね。


・・・そういうDBが
復活のF(2015年)であーいう展開になったのは
ある意味、実に2010年代らしいです。




死を受け止めて生きるというのは
命に対する敬意だと思うんですよね。

最近、『ペット・セメタリー』という
スティーブン・キングの小説が原作の映画が
リメイクされましたが、

あの話も息子の死を受けいれず、
無理やりゾンビにさせたことで
さらなる悲劇が生まれましたよね。

命は一過性だから意味があるというか。


それをリセットしたり時間を巻き戻したり
別の世界で再スタートしたりというのは

どこまで行っても
現実と向き合っていないんですね。




2010年代は
リゼロ、このすば、幼女戦記、
そして異世界スマホと多くの転生を
扱った作品が生まれましたが、

こういった作品のなかには
きちんと評価できるものもあるけど

どこまでいっても
どんなにキャラクターが頑張っても
現実世界には帰らないと言うか

現実世界を忘れるようにして
新しい世界で生きていく話なんですね。


それは、かつてのような
現実へ回帰していく作品とは
決定的に異なっているわけです。




こういう作品群が好んで描かれたり
好んで消費されるのと並行するようにして

過去をきれいさっぱり忘れることが
未来に向かって歩くことなのだと
勘違いする人たちが大きくなった

という印象を受けます。





突然で何ですけど、

夕食の献立って
昨日、何を食べたかで
大きく左右されますよね。


毎日カレーでも良いという人も
いるかもしれませんが、大半の人は
肉ばっかりだったから魚にしようとか

確か残り物のシチューがあったから
それを温めて食べようとか。

過去を覚えていることが
今につながっているわけですよ。





ゲームにしたところで
どこまで進めたか覚えていたり
記録されているから先に進めますよね。



もし、これが頻繁にリセットされたり
データがいきなり飛んだりしたら
前に進めないじゃないですか。


覚えていることって凄く大事なんですね。







そういう過去を忘れたり
記録を捨てたりしていると現実が見えないから







これからどうして良いか
答えを見つけることが出来ないし







他国の大統領に馬鹿にされるし










いざという時に
見当違いのことばかりして
何の役にも立たない人たちが
国の要職についたりするし










日本人の誇りを傷つけるなと言いながら
思いっきり日本人を攻撃する人たちが









国の功労者に認定されて
お花見に招待されるようになるわけですよ。







本当に忘れることが美徳みたいになっている
民族だよなということを痛感するのですけど

部活再建ものが
過去をゼロにしないために
懸命にあがく物語だったのに対して

異世界転生ものって
逆に日本人の忘れっぽさに
マッチングするような形でウケた気がする

って思うんですよね。


大事なのは現在(いま)ってわけですよ。
(しかし、その今を本人はよく理解していない)


本流は1本でも全く異なる2つの支流が
2011年から流れていたなぁ・・・
と理解しています。




以上、大変、長々と
2010年代を回顧してきました。


一応、書いておきますが、
アニメの潮流がどうであったかということと
異世界転生ものだからというだけで
その作品を自動的に全否定することは違いますから

この記事を読んで私が
そういうジャンルの作品を卑下している
とは思わないで欲しいですね、はい(汗)


良い作品もありますよ。具体名は伏せるけど。

まぁ・・・小説だけど
『十二国記』はそれに該当するよね。


今回の記事で予習は終わったことにして
次回は
もっと普通のレビューをするつもりです。


新サクラ大戦の
ここが面白くてここが悪かった
・・・ていう感じの奴をね。書きますからね。

ぷよぷよクエストランキング ↑ ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
鬼龍(キリュー)
性別:
非公開
自己紹介:
愛と勇気と誇りをもって戦う孤高のぷよリスト。好きなものは勝利という名の美酒、嫌いなものはネトウヨです。


ぷよぷよクエストランキング


ランキング参加しました。クリックして頂けると励みになります。

P R

ブログ内検索